Excel便利テクニック(1)


ようやく暖かくなってきましたね。

でも三寒四温、油断したら風邪をひきますので、皆様、お気をつけて。

今回の内容は、以前のブログにも掲載しておりますが、

Excelの便利な使い方についてご紹介します。

(決して手抜きではありませんから・・・(;^_^A)

 

次の数値を入力する場合、どのように入力しますか?

まとまった数値を入力する場合、
下図のように範囲選択しておきます。

範囲選択したあとにクリックしないようにしましょう

日本語モードをオフにし、

1」と入力してEnterを押します。

アクティブセル(選択されているセル)が下方向に移動します。

同様に「2」、「3」、「4」、「6」と入力しましょう。

3」を入力したあと、Enterを押すと次のセル「C2」に移動します。
カーソル移動が不要ですね。

セル「C3」に「6」を入力しましたが、
5」に訂正してみましょう。

キーボードの「Shift」キーを押したまま「Enter」キーを1回押します。

セルが「C3」に戻りますので、正しい数値「5」を入力し、Enterキーを押します。

(間違えた「6」は消さなくても「5」を入力すれば置き換わります)

ここで方向キーやマウスで移動してしまうと、
範囲選択が外れてしまいますので、
Shift+Enterを使用しましょう。

残り6~9まで入力しましょう。

このように、あらかじめ入力する範囲を選択しておくと、
効率のいい入力ができます。

簡単な操作ですが、
このように入力される方は意外と少ないです。
便利なので是非お試しください。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください