Excel便利テクニック(2)


う~ん、最近は春のせいか、眠いです(笑)

さて、Excel便利テクニック (2)です。

例えば「3月19日」という日付を入力するときは、

3/19」と入力し、

Enter」キーを押します。

「3月19日」と漢字を入力しなくてもいいですね!

入力したセルをクリックし、

数式バーを見ると、「2018/3/19」と表示されています。

西暦を省略すると、今年の西暦が自動的に入力されます。

次は日付の表示形式を変更してみます。

入力したセルをクリックし、

ホーム」タブ、「数値の形式」より「長い日付形式」を選択します。

2018年3月19日」と表示されます。

再度、「数値の形式」より「短い日付形式」を選択します。

2018/3/19」と表示されます。

このように、日付の入力は「/(スラッシュ)」で区切って入力し、

書式をあとで変更します。

 

最後に便利なテクニックを。

空いているセルで、

キーボードより「Ctrl」キーを押したまま;」(セミコロン)を押してみましょう。

今日の日付が出ましたか?

これなら素早く日付が出せますね!

(^^)/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください