無線ルーターの中継器


最近ではインターネットも無線LANは当たり前になってきていますね。

ご自宅でインターネットを設置している場合、

無線ルーターを使用している方は多いと思います。

何を使っているのか分からない方は、

とりあえずパソコンを電源コード以外の線を繋いでいなくても、

インターネットが使えているのなら、無線ルーターですね。

2階建てや3階建てのご自宅で、無線ルーターが1階にある場合、

2階ではインターネットの繋がりがよくないという場合は、

中継器」を導入してみてはどうでしょうか?

中継器を使用すると、電波が遠くまで使用できるので、

離れている場所でもインターネットが快適に使用できます。

(図はIO-DATAの中継器で使用されている図を引用しています)

このようにコンセントに直接差し込むコンパクトタイプが便利ですよ。

無線ルーターに「WPS」ボタンがあれば、簡単に接続できます。

接続したあとは、wi-fiの設定より中継器の名前とパスワードで接続します。

以降は自動的に接続してくれます。

4000円~5000円前後で手に入ります。

ひとつ注意が必要なのは、メーカーの分からない安い中継器の場合、

接続がやっかいなものや、周波数(2.4GHzや5GHz等)が選択できないものもありますので、

できれば「IO-DATA」等、国産メーカーのものをお勧めします。

もちろん、ワンルームマンション等、比較的狭いエリアで使用されている場合は

導入する必要はありません。

おおきなお世話だと怒らないでくださいね(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください