北海道(2日目)


2日目は層雲峡~美瑛~富良野~小樽へ行きました。

層雲峡「銀河の滝

層雲峡のロープウェイとリフト乗りたかったけど、

時間的に断念( ノД`)

次の目的地、美瑛へ向かいました。

おお!これぞまさしく北海道!!

でっかいど~!ほっかいどう~!!

(これ分かる人は歳ばれますw)

セブンスターの木

セブンスターの観光地パッケージの木らしいです。

(タバコ吸わないので知らない)

次はなんちゃらの木

そうそう、「ケンとメリーの木

Wikipediaによると

美瑛の丘陵地帯に立つ1本の大きなポプラの木である。1972年(昭和47年)9月から1977年(昭和52年)まで発売された「ケンとメリーのスカイライン」こと日産4代目スカイラインCM第15作「地図のない旅」編のロケーション撮影で使われた。また、BUZZによるCMソング「ケンとメリー〜愛と風のように〜」がオリコンチャート最高位19位になるなどブームとなった。CM放送後、この木は観光名所となり演者の役名より「ケンとメリーの木」と名付けられた。

だそうです(;^ω^)

このあたりは、なんちゃらの木が多いです(笑)

 

ぜるぶの丘

セルブの丘、東経142°

明石は東経135°だ~(笑)

青い池

ここは幻想的な池でした。

明石公園のひょうたん池とは違いました(笑)

なぜ青い池なのか?

Wikipediaによると

この付近の湧水には水酸化アルミニウムなど、主に白色系の微粒子が含まれており、美瑛川本流の水と混ざることによって分散され一種のコロイドが生成される。水中に差し込んだ太陽光がコロイドの粒子と衝突散乱して水の吸収による青色の透過光が加わり、美しい青色に見えると言われている[6]。水の青さと立ち枯れた木々の幻想的な景観から、その存在がカメラマン等を中心に口コミで広がり、いつの頃から誰からともなく「青い池」と呼ばれるようになった[1]

だそうです(;^ω^)

白ひげの滝

落差30メートル、標高600メートル、

「青い池」から車で約5分のところにあります。

「ファーム富田」

ラベンダーがきれいです。

日陰になっているのが残念(+_+)

富良野チーズ工房

チーズソフトクリーム、めちゃうまです。

そして小樽へ向かいました。

この日は天候もよく、北海道らしい風景がたくさん見ることができて満足でした。(^^♪

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください